付け合せ印刷
あんまりこういうこと書くと同業者に怒られそう。
「余計なこと教えるな」、、と。
だから、当社だけの場合だと思ってください。
たとえば、ある目的地へタクシーを利用するとした場合、一人で、利用したら¥10000で、4人だと頭割りで、¥2500
一人の負担がやすくなります。
A4サイズのチラシを刷る時、当社ではA4の大きさではなくて、違うデータを4つ付けてA2サイズで刷ったり、または8つ付けてA1サイズで刷ります。
刷った後に裁断して、A4の大きさにします。
A4の大きさでは小さくて刷りにくいのと、4つ付けてA2にすれば、たとえば1万枚チラシを作りたい時は2500枚刷ればいいことになります。
印刷するのが速い。8つ付ければ1250枚刷ればいい。
さて、このように印刷するので、この場合4種類のチラシを各2500枚づつという注文でも、4ヶ所のお客様が、諸経費代を頭割りして、格安分担できます。
4ついっぺんに刷れるから。
たとえばペラのパンフレットや会社案内を作るとき、3種類や5種類はかなり効率が悪い。割高。
3種の場合は2種と1種に分けて刷るか、1面を無地にして(捨てて)3種を一度に刷るか。
5種の場合は4種と1種に分けて刷る。
わかりますかね?? 納期をいただければ、お客様の付け合せ印刷が多く刷れるため、お客様一人分価格が格安になります。
だから、納期を多くとり、4種や8種に刷るのがお客様にもお得です。
そしてこのやり方だと、違った会社の品物を付け合せて刷ることも可能です。
もし、同じ紙で同じような枚数のチラシ/シールなどの注文が入った時。
各社のチラシを付け合せて一度に刷ってしまいます。
単品で刷るより、印刷仕上げが早くでき、格安できる。ただし、納期は注文数が8件ほど、たまってから印刷機にかけますので7日〜9日はかかります。ゆとりを持って注文をお願いいたします。
チラシ/シールなど、格安で印刷する方法はこれです。
たくさん仕事を集めて、ためて(8件〜10件)一度に刷ってしまう。 
だから格安くできるのです。